【煙突屋ブログ】都合6本|煙突工事の京誠工業

煙突屋ブログ(煙突屋の日々の出来事を(不定期で)綴ったブログ)

都合6本

2015年8月11日

煙突改修施工図面作成。

昭和54年設計のRC製煙突改修工事の施工図面であるが測定孔更新にあたり

サイズや位置を新設時の図面で確認する。

昭和時代の設計であるので多くても4本と思い込んでいたが図面上では6本あった。

昨年実施した煙突調査の写真を確認するとやはり6本存在する。

昭和時代の設計としては珍しい。

最近のごみ焼却用煙突では流量計や煤塵計など測定孔本数が多くなっており煙突1本につき

測定孔10本などが普通となってきている。

 

煙突屋(工事屋)の基本  「安全」
煙突屋(工事屋)の3原則 「高品質」 「工期遵守」 「適正価格」

煙突専門業者
京誠工業 株式会社 ホームページは
煙突に関する一切の業務
を御覧下さい
フェイスブックは
煙突専門、京誠工業
を御覧下さい

このページのトップに戻る