【煙突屋ブログ】見たことが無い煙突被害|煙突工事の京誠工業

煙突屋ブログ(煙突屋の日々の出来事を(不定期で)綴ったブログ)

見たことが無い煙突被害

2016年7月25日

熊本県で煙突の目視調査。

昨日移動し、RC製内部煉瓦式煙突及び内筒式煙突の外観だけの煙突目視調査を実施する。

RC製煙突は鉄筋量が多く、壁厚が厚いこともありそれほどの被害は確認されなかったが

内筒式煙突は今までに見たことが無い様な被害状況となっていた。

OLYMPUS DIGITAL CAMERAOLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

地震で煙突が揺れて支持部の溶接部分が破壊され変形している。

煙突の機能や運転には支障は無いが、今までに見たことが無い被害状況である。

震源地から100kmほど離れていてもこの状況…

震度やマグチュード以外の指標である振動加速度(gal)や地表面速度(kine)は

相当大きかったものと思われる。

震源地から遠い煙突で この状況であるので、震源地に近い住宅の被害は想像以上に

大きいものと思われる。

 

現地調査終了後、熊本空港へ移動。

熊本空港で肉、酒、菓子類の購入など自分で出来得るほんの微々たる復興支援。

IMG_0744 IMG_0736 IMG_0733 IMG_0730 IMG_0729IMG_0745IMG_0742

がんばれ熊本。そして東北、地震被害に遭われた地域。

台風や大雨、竜巻などの被害に遭われた地域。

いつか東京にも大地震は起こり得る。

日本という地震や台風など自然災害が多い特殊な場所に住んでいる限り、避けては通れず

如何にして被害を小さくするかという観点で向き合っていくしかない。

それでも春の美しい桜、夏の美しい夕暮れ、秋の美しい紅葉、冬の美しい雪景色

四季折々の素晴らしい景色を与えてくれる「日本」というこの土地が大好きで

離れることはできない。

日本人であるという誇りを胸に「がんばれ日本」

煙突屋(工事屋)の基本  「安全」

煙突屋(工事屋)の3原則 「高品質」 「工期遵守」 「適正価格」

煙突専門業者
京誠工業 株式会社 ホームページは
煙突に関する一切の業務
を御覧下さい
フェイスブックは
煙突専門、京誠工業
を御覧下さい

このページのトップに戻る