【煙突屋ブログ】理想的数値|煙突工事の京誠工業

煙突屋ブログ(煙突屋の日々の出来事を(不定期で)綴ったブログ)

理想的数値

2017年1月20日

煙突解体見積書作成、略図作成等々。

略図しかなく詳細図面のない煙突であるが頂部径と最下部の径だけが分かる。

外側のころびを計算すると、ほぼ0.03であり理想的な煙突プロポーションとなる数値である。

一方で壁厚は頂部150㎜だけ判明しており、そこから一般的な壁ころびである0.3を当てはめると

高さ80m煙突としては頼りない最下部壁厚となったので調整し0.35とすると丁度良い数値となったので

そこから解体数量を算定する。

解体工事はリスクが大きいので数量も多めに見る必要がある。

煙突屋(工事屋)の基本  「安全」

煙突屋(工事屋)の3原則 「高品質」 「工期遵守」 「適正価格」

煙突専門業者
京誠工業 株式会社 ホームページは
煙突に関する一切の業務
を御覧下さい
フェイスブックは
煙突専門、京誠工業
を御覧下さい

このページのトップに戻る