【煙突屋ブログ】2017年3月 - 京誠工業

煙突屋ブログ(煙突屋の日々の出来事を(不定期で)綴ったブログ)

【煙突屋ブログ】2017年3月

2017年3月31日
煙突改修工事用足場発注、煙突調査報告書作成等々。 足場数量の一覧表をレンタル会社に送付する…前に直交クランプが直行クランプとなっていることに気がついた。 世間一般的なワープロ変換に於いては「直行」の方が多いと思われるが、建築では「直交」の方が多いと思われる。 煙突専門業者 京誠工業 株式会社 ホームページは 煙突に関する一切の業務 を御覧下さい フェイスブックは 煙突専 ...
続きを読む
2017年3月24日
煙突調査報告書作成、煙突工事機材手配等々。 経営審査書類が返送されてきたのでファイルに戻す。 例年通り契約書、納税証明書、労災上乗せ保険、工事保険の金額や日付に鉛筆で丸印やレ点チェックされて返却される。 消しゴムで消せば良いだけの話であるが、量が膨大であるのでわざわざ消す気になれない。 経営審査のこのアナログなシステムは何とかできないものであろうか。 煙突専門業者 ...
続きを読む
2017年3月17日
煙突清掃点検報告書作成等々。 以前に提出した煙突炭素繊維補強工事に関して炭素繊維貼付の順番について御客様から質問がある。 2層貼りとする場合には縦→横という順であるがその理由は?という内容であった。 以前から常識的に縦→横としていたが、その理由については深く考えていなかったので販売店に確認する。 理由は鉄筋の配筋と同様に、縦方向である主筋を先に行い横方向の帯筋を後とするのが ...
続きを読む
2017年3月10日
午前中は現場で御客様煙突工事内容説明打合せ、午後から鋼板製煙突新設工事に関する資料と見積作成。 排ガス温度100度~500度という非常に幅のある排ガス温度の煙突であるが、燃料は都市ガスであるので キャスタブルライニングではなく鋼板製外部保温型煙突とすることを推奨する。 いつも使用している耐熱塗料は300度までのものであるが今回は600度のものを使用する。 塗料メーカーに材料 ...
続きを読む
2017年3月3日
煙突施工図作成、煙突塗装見積書作成等々。 2年程前に別の煙突で訪問した施設の煙突塗装見積であるが、前回は高さ30m煙突の更新で 今回は高さ40m煙突の塗装である。 敷地が広い施設で様々な研究施設があり、高さ60m超から20m程度までRC製と鋼板製で バラエティに富んだ煙突が存在する。 実際に本数を数えたわけではないが10本以上の煙突が存在する。 煙突屋(工事屋) ...
続きを読む

このページのトップに戻る