煙突コラム|煙突工事の京誠工業

煙突コラム

最新の煙突コラム

2017年2月15日
工場などの大きな煙突について、建てたら建てっぱなしということではありません。定期的に清掃が行われ、設備をきれいにしています。 汚れをほうっておくと、すすが外に出てしまいます。 すすとは、有機物が不完全燃焼を起こしたときに発生する炭素の微粒子のことです。ほかに、きめの細かい埃のことを指す場合もあります。 すすが外に出ると、いろんなものに降り注ぎます。洗濯物を汚してしまう危険性もあります。ほうっ

...続きを読む

2016年12月16日
どんな煙突でもデザインは同じだと思っていたら、じつは大きな誤りです。工場などに設置された空高くそびえる円筒をよく見てみると、大きさはもちろんのこと、カラーバリエーションがあることに気づくことでしょう。 じつは、このデザインにも意味があります。新たに煙突工事をする際には、デザインについてもしっかりと検討したほうが良いでしょう。その理由について、いくつかカラーデザインについてご紹介しながらご説明いた

...続きを読む

2016年11月15日
街の中心部から離れて郊外をドライブしていると、工場の煙突を見かけることがあるでしょう。この設備が安全に運用されるためには、点検調査が大切です。傍から見ただけでは、内部でどのようなトラブルが起こっているかわかりません。点検のプロが、さまざまな方法を用いて調査を行っています。 ところで、どのような点検調査があるのかをご存知でしょうか。 煙突の点検調査は、大きく分けてコンクリート製の点検調査と鋼板製

...続きを読む

2016年10月17日
煙突の解体工事の方法については、人力ブレーカー解体や重機解体、引き倒し解体など、さまざまな方法があります。工法は、立地場所や工期、費用などの条件によって変化します。 人力解体は、名前のとおり人力で解体作業を行っていきます。内部に積み上げられた煉瓦をハンマーやバールなどで解体していきます。径が大きいときには、作業員を増やして効率を上げます。 重機による解体が難しい高所では、ブレーカーを用いて人力

...続きを読む

2016年9月15日
どんなものでも、使い続けていると傷が入ったり破れたりするものです。 煙突も、使用しているとどこかに損傷が起きることがあります。損傷部分を放っておくと、大きな事故に繋がる危険性が高まります。 安全性を確保して使用していかなくては、現場で働いている人も周辺地域に住んでいる人も安心できないでしょう。 定期的に点検調査を受けて、早めに損傷部分を発見するように努めなくてはなりません。 点検の結果、補

...続きを読む

2016年8月26日
どの業界に於いても「プロフェッショナル」は存在します。某テレビ番組では毎週色々なプロフェッショナルが登場し最後に「プロフェッショナルとは」ということを語って頂けます。 煙突のプロフェッショナルとは一体どういう者でしょうか? ○○の煙突高さは○mや○○には煙突が何本あるといった誰でも知り得る知識ではなく、煙突屋ならではの煙突屋だけしか知り得ない知識を提供できる者を「煙突のプロフェッショナ

...続きを読む

2016年7月26日
新設の煙突工事が行われるまでには多くの工程があります。 まずは、しっかりとした設計を行う必要があります。設計のときに必要なことは、煙の上昇能力(通気力)の計算です。その事業における排気ガス量や、排気経路の流れ抵抗などを計算し、煙突の高さや内径を決定します。 同種の事業であっても、規模や設備などで通気力は異なるでしょう。それぞれに合った設計を行わなくてはなりません。また、排気ガスの温度や成分、含

...続きを読む

2016年6月14日
煙突を長く使っていくためには、定期的な点検調査を欠かすことはできません。 点検調査は、コンクリート製と鋼板製によって点検の仕方が異なります。 コンクリート製の場合、コンクリートの強度やコンクリートアルカリ度を測定します。赤外線センサによる調査や、コア採取、目視調査などを行います。 コンクリートの強度を測るためには、シュミットハンマーテストと呼ばれる測定法を用います。シュミットハンマーとは、測

...続きを読む

2016年5月17日
街から少し離れてドライブをしていると、さまざまな工場の煙突を見かけることがあるでしょう。意識して見なければ、すべて同じ形のように見えるかもしれません。 しかし、実はさまざまな種類があるのです。使われる材質によっても感じが変わりますし、高さもまちまちです。カラーについても、よく見るとさまざまな色合いが使用されていることがわかるでしょう。 この種類について説明する前に、まずは定義について確認してみ

...続きを読む

2016年4月13日
「煙突」の材質は様々なものがあります。 日本煙突業協会資料によると、煙突が現代の形の様になったのは明治初期の頃でイギリスで発生した産業革命の波が日本にも押し寄せ、家内工業的な手作業が動力により機械化されたことがきっかけとなった様です。その当時は赤煉瓦による煙突が数多く建設されました。明治後期頃(1900年)には日本に於いてもポルトランドセメントが使用されはじめ鉄筋コンクリート造の煙突が建設さ

...続きを読む

1 / 212

このページのトップに戻る