煙突|煙突工事の京誠工業

煙突コラム

煙突

2016年4月13日
「煙突」の材質は様々なものがあります。 日本煙突業協会資料によると、煙突が現代の形の様になったのは明治初期の頃でイギリスで発生した産業革命の波が日本にも押し寄せ、家内工業的な手作業が動力により機械化されたことがきっかけとなった様です。その当時は赤煉瓦による煙突が数多く建設されました。明治後期頃(1900年)には日本に於いてもポルトランドセメントが使用されはじめ鉄筋コンクリート造の煙突が建設さ ...
続きを読む
2016年1月4日
「煙突」には様々な用途があります。 ごみ焼却場用、石炭・火力・バイオマス発電用、ボイラー用、非常発電用 更には銭湯や暖炉用などなど。一口に煙突といっても用途によって高さや内径や煙突材質、内部を通過する排ガス温度や組成が異なります。建築基準法では煙突はどのように定義されているのでしょうか? 実は、建築基準法に於いては「煙突とは何ぞや」という記載はありません。 建築基準法 第88条で ...
続きを読む
2 / 212

このページのトップに戻る