煙突ブログ(2015年12月25日〜)

煙突屋ブログ(煙突屋の日々の出来事を(不定期で)綴ったブログ)

最新の煙突屋ブログ

2016年4月22日
煙突補修見積書作成、施工図作成等々。 既にA案~E案の煙突改修案を提出しているが御客様ご要望により1案追加の見積作成を行う。 内容的には最も安価とはなるがスペック的には低くなる。 建設後43年近く経過していることを考慮すると推薦しかねる案である。 せっかくお金をかけるのであれば、それなりの効果が必要である。 煙突屋(工事屋)の基本  「安全」 煙突屋(工事屋)の3原 ...
続きを読む
2016年4月15日
午前中現場打合せ、午後から煙突新設見積作成、煙突清掃報告書作成等々。 煙突位置と基礎大きさについて現場での打合せとなるが機械室扉と干渉するらしい。 ボイラ位置と煙突位置は変更が困難であるので扉位置変更の方向で設計事務所殿に打診する方向となった。 重量物や大型設備の配置が優先されるのでボイラと煙突が優先される。 当方としては図面変更をしないのが有り難い。 煙突屋(工事屋 ...
続きを読む
2016年4月8日
午前中煙突清掃立会、午後から煙突改修見積作成等々。 派生形も含め、全5種類の改修見積作成となるが仮設煙突の板厚を6mmと4.5mmで積算する。 思ったよりも高くなったので再考し、強風地域ではないことと使用期間3.5か月を考慮し 4.5mmと3.2mmにスペックダウンして再度積算する。 品質に影響なく工事後には撤去される仮設材であるので安ければ安いほど良い。 煙突屋(工 ...
続きを読む
2016年4月1日
煙突補修工事見積作成、施工計画書作成等々。 昨年提出した補修工事見積であるが、工事項目全てを連続して実施するのは予算が無いとのことで 細分化し4工種での提出依頼がある。 交通費やゴンドラの設置が3回分余計に計上され諸経費も3回分余計にかかるので約1.16倍の価格となった。   4月1日の高田馬場駅前は何故か新歓コンパの待ち合わせが多かった。 高田馬場の ...
続きを読む
2016年3月25日
鋼板製煙突構造計算、図面作成等々。 以前に提出していた鋼板製煙突新設に関して設計部分のみ内示があったので 設計を取り進める。 確認すると見積は昨年2月であったが事前に計算してあった。 約1年前なので細かい内容は覚えていなかったが事前計算はそれなりに整っているので 若干の手直しで流用可能であった。 煙突屋(工事屋)の基本  「安全」 煙突屋(工事屋)の3原則 「 ...
続きを読む
2016年3月18日
御客様主催による安全大会参加、煙突補修工事機材手配等々。 定修工事前に安全大会を開催されるが、最初に参加したのは20年前のRC煙突バンド竪地補強の時である。 提出書類は以前から変化はないが微妙に増えてきている。 建設から45年近くを迎えているが今後も煙突を使用する予定らしいので数年後には大規模な修繕が必要な煙突である。 煙突屋(工事屋)の基本  「安全」 煙突屋(工事屋) ...
続きを読む
2016年3月11日
鋼板製煙突新設施工図作成等々。 先月新設した鋼板製煙突は排ガス中の水分量が多く、掃除口は不織布パッキンを使用したが 試運転時に水分漏洩が発生した。その際は堰止め板を溶接し発生防止できたがゴムパッキンで防止できる 可能性もあったので今回からゴムパッキンを採用することにしてみた。 ゴムの材質について製作工場と相談すると比較的高温で使用可能なエチレンプロピレンゴムパッキンを推薦さ ...
続きを読む
2016年3月4日
煙突施工要領図作成、煙突改修見積資料確認等々。 煙突改修見積用として提示された仕様書及び図面を確認すると既設煙突のライニング仕様詳細が無い。 昭和50年代に建設された煙突でありその頃に製造された耐酸キャスタブルはアスベスト含有の可能性がある。 アスベストの有無によって解体方法や処分費用が大幅に変わる。 製品名さえ分かれば アスベスト含有の有無が判断できるので質問事項として送 ...
続きを読む
2016年2月26日
鋼板製煙突新設図面作成。 煙突基本設計図では煙突頂部に陣笠が設置されている。 煙突頂部に設置する陣笠は雨水流入防止を目的とするが強雨の場合には効果は低い。 煙突に流入する雨水はドレンパイプで排水すればよいの流入しても問題は無い。 陣笠は通気抵抗となるのでかえって設置しないほうが望ましい。 陣笠は飾りであるということを偉い人はわからんのですよと思ったが基本設計図から逸脱 ...
続きを読む
2016年2月19日
煙突塗装見積書作成、安全書類作成等々。 昨年提出していた内筒式煙突の塗装見積について煙道部分を含めた見積の再提出となる。 煙道図面を確認すると内筒は2本で四角形外筒内に対角配置されているので煙道長さが若干異なる。 計算すると約5㎡の差であった。 下地処理と塗装数量で金額にして数万円の差があるがNET価格としては同数値とするのが常識といえる。 煙突屋(工事屋)の基本  ...
続きを読む

このページのトップに戻る