煙突の避雷設備

煙突の避雷設備

避雷設備とは「雷撃によって生ずる火災、破損又は人畜への傷害を防止することを目的とするものの総称」とされています。建築基準法では高さ20m超える建築物(工作物)での設置が義務付けられており、その他 消防法、火薬類取締法等の各種法規によって避雷設備の設置が義務付けられております。
自然現象である雷そのものの発生を防止することは不可能ですので煙突に避雷設備を設置することにより被害を減少することが可能となります。

このページのトップに戻る