煙突の補強工事

煙突の補強工事

構造体の耐震性能を向上させる為には大きく分けて3つの方法があります。

  1. 靭性(粘り強さ)を向上させる…鋼板巻き補強等
  2. 強度を向上させる…コンクリート増し打ちや炭素繊維巻き補強等
  3. 重量を軽減させる…解体撤去・内筒式補強等

煙突の補強工事は煙突本体の高さ・構造は変更せずに鋼材等の補強材を追加することにより年数の経過した煙突を地震等の災害に対する耐久性を向上することを目的とします竪地・バンド補強や外巻き材補強(鋼板巻き・金網巻き・炭素繊維巻き)等があります。

このページのトップに戻る