煙突ブログ

煙突屋ブログ(煙突屋の日々の出来事を(不定期で)綴ったブログ)

最新の煙突屋ブログ

2017年5月19日
煙突見積書の修正等々。 以前に提出した見積について材工であった部分を材料費と工事費に分けて提出せよという指示がある。 煙突の炭素繊維補強なので材料費に関してはメーカー標準価格があるが、工賃に関しては「煙突工」としての 公的資料は存在しない。 煙突の場合、足場組立・解体・溶接・塗装・炭素繊維貼付などなど煙突に関する作業を一貫した作業員で行い 分業とすることは少ない。「多 ...
続きを読む
2017年5月12日
煙突新設見積書作成等々。 既に解体済みのRC製煙突の新設復旧であるが、高さが低いので鋼板製の方が圧倒的に安くなる。 比較として2種類提出することになったがA案をRC製、B案を鋼板製とす る。 A案算定のため既設煙突図面で数量を拾い出す。 飾り袖がある煙突なので、その部分も算定する。 飾り袖は無筋であるので剥離や亀裂が発生しやすく構造的な意味も無いので飾り袖なしが望まし ...
続きを読む
2017年5月2日
鋼板製煙突清掃点検立会。 昨日移動し、クレーンを使用しての清掃点検であるが煙突が設置されている前面道路幅が狭い。 「クレーンが搬入可能か」ということだけ意識があり旋回体の旋回範囲までは気が回らなかった。 25tクレーンで何とか施工可能ではあったが16tクレーンの方が余裕をもって施工できた。 「大は小を兼ねる」とはならなかった。 煙突専門業者 京誠工業 株式会社 ホー ...
続きを読む
2017年4月28日
煙突調査見積及び煙突解体見積作成等々。 RC製煙突の解体見積であるが、下の径と壁厚は図面数値が判明できたものの 上の径と壁厚の数値が分からない。 高さと下の径を元に一般的なコロビでプロポーションを算定すると丁度良い数字となった。 昭和40年代に建設された煙突ということなので、昭和30年から40年頃に多く建設された煙突が記載されている 図面集で似たような煙突を探して確認する。 ...
続きを読む
2017年4月21日
煙突新設工事施工報告書作成等々。 煙突改修工事に於ける塗装色について御客様から色調決定した旨の連絡がある。 グレーのN4とのことであるが、以前にN4で塗装し暗いと指摘があり塗り直ししたことがあるのでN6位を推奨する。 色見本はポケット版を渡してあるので少し大きめの10センチ×20センチの色見本を作って再検討して頂くこととした。 10センチ×20センチであるが値段はポケットマ ...
続きを読む
2017年4月14日
煙突工事用材料手配等々。 毎年清掃を実施している煙突で今年も実施依頼が入る。 暑い時期に実施しているので熱中症対策が必須であるが、いつもより実施時期が早いなと思い調べてみる。 以前は暑さが残る9月下旬の初秋に実施しており、6年前から暑さの始まる6月上旬の初夏となっている。 暑さに慣れていない初夏の方が熱中症リスクは高いので注意が必要である。 煙突専門業者 京誠工業 ...
続きを読む
2017年4月7日
煙突調査報告書作成等々。 5月上旬GW中に実施予定の煙突清掃点検で新幹線混雑が予想されるので指定席をとるために みどりの窓口へ出向く…が大行列なので自動販売機にて購入する。 最近では座席表から席を選べることもできて便利である。 携帯電話で調べた経路を見ながら入力するが、何故か遠回りとなる経路しか選択できない。 案内の人が近くにいたので聞いてみると、携帯電話の経路は新幹 ...
続きを読む
2017年3月31日
煙突改修工事用足場発注、煙突調査報告書作成等々。 足場数量の一覧表をレンタル会社に送付する…前に直交クランプが直行クランプとなっていることに気がついた。 世間一般的なワープロ変換に於いては「直行」の方が多いと思われるが、建築では「直交」の方が多いと思われる。 煙突専門業者 京誠工業 株式会社 ホームページは 煙突に関する一切の業務 を御覧下さい フェイスブックは 煙突専 ...
続きを読む
2017年3月24日
煙突調査報告書作成、煙突工事機材手配等々。 経営審査書類が返送されてきたのでファイルに戻す。 例年通り契約書、納税証明書、労災上乗せ保険、工事保険の金額や日付に鉛筆で丸印やレ点チェックされて返却される。 消しゴムで消せば良いだけの話であるが、量が膨大であるのでわざわざ消す気になれない。 経営審査のこのアナログなシステムは何とかできないものであろうか。 煙突専門業者 ...
続きを読む
2017年3月17日
煙突清掃点検報告書作成等々。 以前に提出した煙突炭素繊維補強工事に関して炭素繊維貼付の順番について御客様から質問がある。 2層貼りとする場合には縦→横という順であるがその理由は?という内容であった。 以前から常識的に縦→横としていたが、その理由については深く考えていなかったので販売店に確認する。 理由は鉄筋の配筋と同様に、縦方向である主筋を先に行い横方向の帯筋を後とするのが ...
続きを読む
1 / 1512345...10...最後 »

このページのトップに戻る