煙突ブログ(2015年10月16日〜)

煙突屋ブログ(煙突屋の日々の出来事を(不定期で)綴ったブログ)

最新の煙突屋ブログ

2015年10月16日
煙突補修工事工程表の変更、鋼板製煙突新設施工図面作成等々。 年内施工予定であった鋼板製煙突新設について御客様から正式に延期となった旨の連絡がある。 設置場所が極寒冷地で11月中の施工でないと降雪が予想されるため来年4月以降となった。 とは言え4月でも降雪が無いわけではない。5月でもストーブが必須である。 除雪によってクレーン作業範囲が多くなったり、ケミカルアンカーの硬化時間 ...
続きを読む
2015年10月8日
煙突施工図作成等々。 建築基準法における煙突の定義、煙突の技術的基準について質問がある。 建築基準法では「煙突とは何か」という煙突に関する定義の記載はなく 煙突と排気筒・ダクトの違いを定義する文章は無い。 従って、建築基準法において煙突の定義は一般常識で判断される。 「高温の排ガスを大気に放出する垂直方向で筒状の高さが高い設備」が煙突とされる。 煙突屋(工事屋) ...
続きを読む
2015年10月2日
煙突改修見積書作成×2種×2現場。 煙突調査見積書の仕様変更後の再提出依頼があり、仕様をFAX送付するとのことで 自分の名字を電話で告げる。 何となく伝わっていないかなと感じつつ、漢字を告げるとやはり間違って伝わっていた。 今回は「吉野」さんと誤認されていた。 これまでも電話で名乗ると押野、西野、藤野と誤認された経歴がある。 正解は「星野」であるが「野」だけは全 ...
続きを読む
2015年9月25日
煙突調査計画書作成、機材手配等々。 以前に提出していた煙突改修工事見積でゴンドラは従来通りレンタルであるが御客様の要望により購入した場合での 再提出依頼があり、ゴンドラメーカーから見積が届いたのでそのまま提出する。 購入、月次点検、年次点検の3種類の見積であるが今回初めて認識したのが月例点検は法令上での規定であるとのこと。 月例点検は年次点検とは異なり検査証更新は不要らしい ...
続きを読む
2015年9月18日
煙突新設見積書作成、煙突塗装見積書作成、煙突頂部閉止蓋取付見積書作成、煙突解体見積書作成等々。 偶然にも1日で煙突に係るライフサイクルの見積を行ったことになる。 煙突頂部閉止蓋取付と解体は何れもごみ焼却場用の煙突であるが平成初期建設の煙突であり 経過年数は比較的短い…とは言っても20年以上は経過している。 民間工場の煙突では建設後50年以上経過している煙突もあるが、ごみ焼却 ...
続きを読む
2015年9月10日
煙突新設見積書作成、施工図作成等々。 鋼板製煙突の新設見積にあたり遠隔地であるので製作工場からの運搬費を確認する。 10t車1台あたり約45万円なり…以前は25万円位だったので約1.8倍である。 ガソリン代は安くなっているものの人手不足や人件費の上昇に伴い運搬費の上昇に つながっているものと思われる。 近距離であれば確認する必要はないが、離島や遠隔地の場合にはまず料金 ...
続きを読む
2015年9月2日
煙突新設図面作成、工事予定表作成等々。 途中で曲がりが3か所発生する煙突の作図であるがエビ部分の作図が久しぶりなので マニュアルを参照する。内接円の半径線上を等分して云々…色々と試行錯誤して何となくそれらしい図面となった。 正確な展開図や製作図は製作工場に任せるものとする。 全ての煙突に共通することではあるが「真円」の煙突は存在しない。 2次元上では限りなく「真円」に ...
続きを読む
2015年8月26日
煙突調査報告書作成、煙突調査見積書作成等々。 一昨年、昨年と受注した煙突調査に関して本年度用の見積依頼があった。 作業内容は例年同様であるので日付のみ変更して提出する。 昨年提出した見積を確認すると8月29日で3日違いであった。 この時期でいつも入札が執行となるらしい。   煙突屋(工事屋)の基本  「安全」 煙突屋(工事屋)の3原則 「高品質」 「 ...
続きを読む
2015年8月19日
煙突補強工事施工報告書作成、調査報告書作成、御客様訪問打合せ等々。 一頃の猛暑日は去ったので外出も楽にはなってきたが、残暑は厳しい。 御客様訪問の打合せでは全員がノーネクタイ半袖でありクールビズが浸透している。 この時期でのノーネクタイ半袖での商談は違和感なく馴染んできているのでとても助かる。 数年前では若干の違和感があったが、気温上昇が著しくネクタイ着用による熱中症の危険 ...
続きを読む
2015年8月14日
煙突清掃点検、補修立会。 約5年前に清掃点検を行ったRC製煙突の清掃点検及び内部補修であるが 5年前よりも劣化進行が著しく、内部作業が危険であるので中止となる。 建設後約43年経過し、ガス成分も良くはないので劣化が顕著に現れてきた。 煙突内部作業時に上から煉瓦が落下しては逃げようが無いので安全優先で 内部作業は中止となった。   煙突屋(工事屋) ...
続きを読む

このページのトップに戻る