煙突ブログ(2015年6月4日〜)

煙突屋ブログ(煙突屋の日々の出来事を(不定期で)綴ったブログ)

最新の煙突屋ブログ

2015年6月4日
煙突補修補強施工図作成等々。 RC製でバンド竪地が施工されている煙突の補強であるが、竪地が5方向設置されている。 内接円に5角形の作図を行うので書き方を確認するが、CADで多角形の作図コマンドがあったので簡単に作図できた。 調べてみると59角形まで作図できるらしい。 煙突では多くても8角形までしか使用はしないのでオーバーな機能ではある。   煙突屋(工 ...
続きを読む
2015年5月29日
煙突清掃点検の機材手配、雑用等々。 水中ポンプが必要となるが本体のみレンタル品とするのでカタログを確認する。 煙突の内部洗浄水を排出するだけなので能力的にはそれほど高い必要はなく 100Ⅴで充分である…がカタログを見ると100Vは1種類しかなく200Vのものが大多数であった。 煙突の洗浄水は1時間程度の水量であるので100Ⅴで対応可能であるが 200Vで処理しなければ ...
続きを読む
2015年5月22日
煙突施工図修正、施工計画書修正、材料手配等々。 内部煉瓦式煙突の補修工事にあたり前回の補修材料注文数を確認する…が 納品書が保管されていなかった。過去の請求書を探さなければならないが その前に材料販売代理店に聞いてみる…と20袋注文していたらしい。 前回よりも劣化進行があるものと仮定し2袋追加で注文した。   煙突屋(工事屋)の基本  「安全」 煙突 ...
続きを読む
2015年5月19日
煙突新設見積書作成、工程表作成、資料作成等々。 鋼板製内筒式煙突の新設施工計画に当たり分割位置を検討する。 運搬の長さ、クレーン能力、1本あたりの重量、施工性と様々な 視点から検討し2通りの割付を算出する。 クレーンは支給なので能力によって最終決定となるが施工性と経済性が最も重要である。   煙突屋(工事屋)の基本  「安全」 煙突屋(工事屋)の3原 ...
続きを読む
2015年5月15日
煙突新設見積書及び略図作成、資料確認等々。 会社パンフレットの増刷に伴い、最近の実績を追加したので記載内容を確認する。 都内にある大学の煙突新設を実施したが、似たような名前があり再度確認する。 「東京医科大学」 「東京歯科大学」 「東京医科歯科大学」 調べてみると3つの大学名が確認された。 場所と工事件名により再度確認して原稿を印刷所に提出した。 & ...
続きを読む
2015年5月12日
煙突清掃点検報告書作成、新設見積書作成等々。 煙突清掃点検報告書の補足資料として煙突の煉瓦亀裂と外部亀裂が著しい写真例を 作成する。内部煉瓦式RC煙突で内部劣化が著しい場合にはこの様になる場合もあります という写真メインの参考資料であるがタイトルの作成に試行錯誤する。 種々検討の上「煉瓦亀裂、損傷が顕著な煙突の写真例」(内部劣化→外部劣化の発展例) としてみた。 ...
続きを読む
2015年5月8日
煙突清掃点検立会、午後から会社に戻って雑用等々。 建屋付属型煙突の清掃点検であるが、長方形の煙突で内径が小さいので 通常使用するゴンドラではなく作業用ブランコでの実施となる。 通常の作業手順や設備が異なるのでトラブルを心配したが、特に支障なく 安全に作業が終了した。   煙突屋(工事屋)の基本  「安全」 煙突屋(工事屋)の3原則 「高品質」 「工期 ...
続きを読む
2015年5月1日
煙突調査見積書及び煙突補修見積書作成等々。 およそ5年前に内部補修と外部点検を行った煙突であるが再度実施見積を提出する。 見積は御客様のネット上での購買システムにログインして金額を入力する。 見積の郵送不使用や紙媒体を使用しない点でエコと言える。 5年前にも同じシステムを使用して見積を提出したたはずであるが操作方法に関して 全く記憶に無い。 操作説明書を確認しな ...
続きを読む
2015年4月24日
煙突新設図面の変更、資料作成等々。午後から日本煙突業協会の総会出席。 鋼板製独立型煙突の新設実績表提出にあたり過去に作成した実績表を確認する。 平成25年で更新が止まっているので昨年分を追加する。 昨年は高さ9m~50m、内径も0.35m~3.3mとバラエティーに富んでおり 本数は9本であった。年によって新設工事が少なく補修工事が多い場合もあるが 昨年は新設の当たり年 ...
続きを読む
2015年4月21日
煙突補修工事契約書作成、煙突清掃点検見積書作成等々。 RC製煙突を使用されている御客様から久しぶりに清掃点検の話を頂く。 実施したのはかなり前であるので、前回の清掃点検実施はうろ覚えで 5年前位と回答する。電話を切って過去の報告書を調べてみると 前回の実施はちょうど5年前であった。 概ね5年程度の間隔でメンテナンスを実施している煙突であるが 建設後40年を経過し ...
続きを読む

このページのトップに戻る