煙突ブログ(2015年12月25日〜)

煙突屋ブログ(煙突屋の日々の出来事を(不定期で)綴ったブログ)

最新の煙突屋ブログ

2015年12月25日
煙突見積資料作成等々。 以前に提出していた煙突補修見積について購買担当者様から金額交渉の連絡がある。 既に値引きした後のベスト価格で提出していたが、更なる値引要請がある。 購買の方は「いかに安く調達するか」ということが仕事であるので少しでも安くしたい。 当方としてはクレーン作業が絡み雨天強風リスクもあるので予備費はとっておきたい。 そこで双方の中間金額で如何でしょうか ...
続きを読む
2015年12月18日
煙突見積書作成、煙突補修工事竣工図作成等。 竣工図作成にあたり当初予定より追加になっている部分を確認し作成する。 鋼製の補強材を工場で3回塗装し、追加で現場2回の5回塗りとなり 溶接部は6回塗りとなった。 多雪地域での施工であるが、この時期では珍しく降雪無く無事終了した。 シルバー仕上げなので塗装回数が多い方が仕上がりは良くなり見栄えも良い。 煙突屋(工事屋)の ...
続きを読む
2015年12月11日
煙突施工図修正、入札参加資格申請作成等々。 過去に申請し更新時期が近づいる自治体は年内1件、来年2月末が1件でその他は平成29年以降の更新でなる。 申請は紙ベースの自治体であるので更新時期に気をつけなければならない。 電子申請であればメールで更新時期の案内が来るので分かり易い。 謄本や経営審査結果などは郵送となる場合が多く、入札参加資格申請に於いては 完全な電子申請と ...
続きを読む
2015年12月4日
日本煙突業協会議事録作成、煙突調査見積書作成等々。 調査見積の為の煙突状況写真がメールで届く。 建屋付属型の長方形煙突であり屋上からの突出が低いので煙突頂部から写真撮影して頂いた。 詳細図面はないものの成型ライニング材という予想はついていたがボルトが見えないので 躯体後貼り工法ではなくユニット工法であった。 詳細は調査をしないと何とも言えないが、建設後25年以上経過し ...
続きを読む
2015年11月27日
煙突清掃点検報告書作成、煙突新設見積書、煙突改修見積書作成等々。 煙突改修に於いて1パーツ当たりの重量を検討する。 クレーンが使えない場所であるので人力で運搬しウインチで荷揚げする。 重量とキリの良い高さのバランスを種々検討しながら試行錯誤する。 1パーツ高さ700にすると重量約45kgとなり2人で持てる程度の重量となった。 改修工事の場合、制約がある場合があるので見 ...
続きを読む
2015年11月20日
煙突補修工事見積書作成、工程表作成、施工図の修正、調査報告書作成等々。 補修工事見積は補修材料の材質をSUS304からSUS316Lに変えただけではあるが 値上げ分は値引き代に変わるだけのような気がする… 久しぶりに同業者との飲み会に参加する。 今回は当社が幹事ではないため、タダ酒となる。 炉端焼きの居酒屋で貝や干物など料理もおいしい。 タダ酒ほど旨いものは無い ...
続きを読む
2015年11月12日
煙突施工図作成、資料作成等々。 御客様から煙突のメンテナンスについて問い合わせがある。 これまでに数回、補修や清掃点検を行ってきたがうろ覚えで 台風により避雷針が破損して交換した実績もありますと電話で回答する。 今までのメンテナンス履歴を確認すると炭素繊維補強や塗装だけで避雷針交換は行っていなかった。 台風の多い地域の近くの煙突と勘違いしていた。 煙突屋(工事屋 ...
続きを読む
2015年11月6日
煙突見積書作成、見積略図作成、施工図作成等々。 RC製煙突改修見積であるがライニングは抗火石である。 建設年度はそれほど古くは無い様に思われるが、ゴミ焼却場用途で高さ59mの煙突としては 抗火石ライニングは非常に珍しく自分の記憶の中では初めて見た。 昭和50年代位に多く採用されたらしいが平成になってからは煙突ライニング材としては 殆ど採用されていないものと思われる。 ...
続きを読む
2015年10月30日
煙突施工図作成等々。 鋼板製煙突頂部に設置する内部錆飛散防止金網について問い合わせがある。 ごみ焼却場でRC外筒、鋼板製内筒式煙突の場合およそ半分以上の煙突で屋上部分に錆や煤が堆積している。 突出速度が速い場合には遠くまで飛散するが、錆片が小さい場合には分からなくなる。 錆片が2センチ以上、周辺に民家や田畑がある場合、寒冷地での降雪後などでは錆の飛散が分かり易くなる。 ...
続きを読む
2015年10月20日
煙突施工計画書作成、補修工事に係る略図作成、施工図作成等々。 ごみ焼却場の内筒式煙突の内部塗装履歴について御客様から問い合わせがある。 内部塗装をこまめに行っている煙突であるが、前回の塗装から2年経過しているので 次回の塗装時期をどうするかという確認である。 当社で保有する過去の報告書を確認すると平成6年に新設、平成11年にブラスト後塗装 その後平成14、15、17、 ...
続きを読む

このページのトップに戻る