煙突ブログ(2018年8月31日〜)

煙突屋ブログ(煙突屋の日々の出来事を(不定期で)綴ったブログ)

最新の煙突屋ブログ

2018年8月31日
煙突清掃点検計画書、安全書類作成等々。 高さ59m内筒式煙突の板厚測定表作成にあたり煙突図面を確認すると、荷揚げ用のホイストがある事に気づいた。 80m以上の煙突には設置されていることが多いが59mで設置されていることは少ない。 59mで設置されているのは平成中期以降に建設された煙突で多くなっている。 煙突専門業者 京誠工業 株式会社 ホームページは 煙突に関する一切の ...
続きを読む
2018年8月24日
煙突改修施工図作成等々。 鋼板製外部支枠型煙突の改修工事であるが、今回工事では補強材の 工場製作部材種類と数が多いので一覧表にまとめてみた。 製作部材が小さく、数が多いので一覧表で確認すると分かり易い。 煙突専門業者 京誠工業 株式会社 ホームページは 煙突に関する一切の業務 を御覧下さい フェイスブックは 煙突専門、京誠工業 を御覧下さい ツイッターは 煙突 ...
続きを読む
2018年8月17日
煙突清掃点検報告書作成等々。 来週実施予定の煙突清掃について御客様から確認がある。 天気予報は台風の影響もあり、曇時々雨の降水確率50%になっている。 微妙な状態ではあるが煙突稼働停止期間が決まっているので弱雨決行となる。 煙突専門業者 京誠工業 株式会社 ホームページは 煙突に関する一切の業務 を御覧下さい フェイスブックは 煙突専門、京誠工業 を御覧下さい ...
続きを読む
2018年8月10日
煙突改修施工図作成等々。 約2年半前に見積した煙突補修について連絡を頂く。 当時、工程が合わなくて他決となったが補修した以外の部分の劣化があるとのこと。 約2年半前の資料を探す。 PDF化して図面や実行予算などがあった。 資料の電子化は保存や再確認など非常に便利である。 煙突専門業者 京誠工業 株式会社 ホームページは 煙突に関する一切の業務 を御覧下さい ...
続きを読む
2018年8月3日
内筒式煙突長期耐用案見積3種作成。 10年の耐用延長を目的とした案であるが内筒の交換・内筒内部内貼・サンドブラスト後塗装という 3グレードのいわゆる松竹梅として作成する。 松案は梅の6倍、竹案は梅の3倍の金額となった。 今後の耐用年数10年であれば梅で充分対応可能であるので御客様に推奨する。 煙突専門業者 京誠工業 株式会社 ホームページは 煙突に関する一切の業務 ...
続きを読む
2018年7月27日
煙突新設見積書作成等々。 既設の工場内に新たに工場棟を増設する見積であるが内筒式煙突59mとなっている。 工場敷地は広く、入口付近では様々な植栽が記載されている。 ハナミズキやキンモクセイなど著名な植栽や見たことがないものなど20種類位の植栽が記載されている。 非常にカラフルな工場となるのであろう。 煙突専門業者 京誠工業 株式会社 ホームページは 煙突に関する一 ...
続きを読む
2018年7月20日
煙突新設見積書作成等々。 以前に見積した案件の再見積であるが内径は同じであるものの高さが50mから59mになっている。 その他にも煙突の配置位置や付属品が微妙に異なっている。 前回よりもマイナーチェンジされている。 煙突専門業者 京誠工業 株式会社 ホームページは 煙突に関する一切の業務 を御覧下さい フェイスブックは 煙突専門、京誠工業 を御覧下さい ツイッタ ...
続きを読む
2018年7月13日
煙突新設見積書作成等々。 煙道設置について見積依頼がある。 基本的に当社は垂直方向の煙突メインではあるのだが、水平方向の煙道設置も施工可能ではあるが 専用設備を保有していないのでレンタル品が多く割高になる。 設置場所は自宅から近く、歩きでは厳しいがバスか自転車で丁度良い距離の現場である。 近所であるので参考として見積提出することとなった。 煙突専門業者 京誠工 ...
続きを読む
2018年7月6日
煙突清掃見積作成等々。 煙突清掃見積について図面が送付される。 右下の図面枠は消去されているが図面をみたら、どの会社で作図したか分かった。 日本煙突業協会各社の図面はある程度パターン化され各社の「クセ」があるので見ただけで分かる。 煙突専門業者 京誠工業 株式会社 ホームページは 煙突に関する一切の業務 を御覧下さい フェイスブックは 煙突専門、京誠工業 を御覧下 ...
続きを読む
2018年6月29日
煙突清掃点検報告書作成等々。 煙突の汚染について問い合わせがある。 燃料を変えるなど、基本的にはガス側(排出される側)で何とかするしかないのだが 汚染対策として煙突で唯一の対策としては「頂部煙返し」である。 メリットとしては煙突から突出する排ガスによる汚染の軽減である。 特に2段羽とすると効果が非常に高い。 デメリットとしてはコンクリート製だと煙返し本体の亀裂や ...
続きを読む

このページのトップに戻る