煙突の点検調査

煙突の点検調査

煙突の点検調査はRC製の煙突点検調査と鋼板製の煙突点検調査に分けられRC製の煙突ではコンクリート強度の測定(シュミットハンマーテスト)コンクリートアルカリ度の測定(アルカリテスト)・赤外線センサ調査・コア採取(公共試験場での破壊試験)・目視調査等があります。鋼板製の煙突では超音波板厚測定・目視調査等があります。

人間の体内の病気は外部からでは発見しづらく定期的な精密検査による早期発見・早期治療が大切です。煙突も同様に外部からでは悪所の発見がしづらく内部・外部の総合的な点検調査により早期発見・早期対策を実施することが大切です。

このページのトップに戻る