煙突ブログ(2015年2月24日〜)

煙突屋ブログ(煙突屋の日々の出来事を(不定期で)綴ったブログ)

最新の煙突屋ブログ

2015年2月24日
煙突補修工事手配、経営審査資料作成、設計等の業務に関する報告書作成等々。 昨年実施した設計や工事内容を確認し資料を作成する。 設計等の業務に関する報告書に於いて建築士定期講習の実施時期を記入する欄があり 前回受講時期を確認すると平成24年9月であった。 次回受講期限としては平成28年3月までであるが基本的には3年毎であるので 今年の秋頃には受講することが望ましい。 ...
続きを読む
2015年2月20日
煙突施工図作成、構造計算書作成等々。 既設煙突の補修工事のうち避雷針交換に於いて取付金具の更新が必要となるが図面が無く 実測結果により作成となる…が穴ピッチや外径の寸法は採寸してあるもののボルトの径が測られていなかった。 見た目ではM12ないしM16と思われる。 特殊なボルトサイズでは無く、場合によってはホームセンターでも入手可能であるのでM12と仮定して取り進める。 ...
続きを読む
2015年2月17日
煙突補修工事施工前の実測立会。 昨日移動し今朝からの煙突実測確認であるがスキー場も近く、雪の多い地域であるので レンタカーは4駆のスタッドレスタイヤ、スノーブーツに各種防寒具と種々準備をしていた…が 想定以上に積雪は少なく比較的楽に移動できた。 「備えあって憂いなし」自然を甘く見てはならない。   煙突屋(工事屋)の基本  「安全」 煙突屋(工事屋) ...
続きを読む
2015年2月13日
煙突施工図作成、解体見積書作成等々。 内筒式に改修した煙突で雨仕舞部分の隙間に取付した金網が外れかかっているとの連絡がある。 コンクリートと雨仕舞の隙間が大きく内筒と外筒の間で蜂の巣ができてしまったため改修の数年後に金網を取付した。 かなり前の施工であったので何年前か調べてみる。 内筒式改修が約20年前、蜂の巣対策が約15年前であった。   煙突屋(工 ...
続きを読む
2015年2月10日
煙突新設見積書作成、施工報告書作成、施工図面作成等々。 煙突高さに関する質問があり法令集で再確認する。ついでに景観条例が気になったので調べてみる。 既設煙突の更新にあたり工事予定地域での景観に関する法令等を確認すると、高さ20mを超える工作物の 新設、増設、色彩変更では届出が必要とのこと。 補修工事や色彩変更のない上塗りであれば届出不要らしい。 ステンレス素地色の外巻 ...
続きを読む
2015年2月6日
煙突施工図面作成、煙突清掃見積作成等々。 既存煙突の更新図面作成であるが、既存煙突の図面は測定孔などの付属部材類が部品番号の表示となっており 部品リストと照合しなければならない。更にフランジや管寸法がインチ表示となっている。 照合とミリ寸法の換算により図面の読解だけで非常に手間取る。 機械図面は同じ仕様で大量に生産する必要があるので変更がし易いように部品番号を使用することが ...
続きを読む
2015年2月3日
煙突清掃点検立会、午後から煙突調査報告書作成等々。 3本内筒がある煙突清掃点検で12月実施以来の2本目の実施となるが清掃前・後で 写真とビデオ撮影を実施する…がビデオの持参をを忘れていた! 会社まではそれほど遠くはないので慌ててビデオを取りに行く。 ゴンドラの段取が終わったあたりでビデオを届けることができて何とか間に合った。 現場と会社が近くて良かった。 &nb ...
続きを読む
2015年1月27日
煙突施工計画書作成、煙突内部調査ビデオ編集等々。 煙突内部清掃点検のビデオ撮影した内容にタイトル等を追加し編集する。 以前に使用していた編集ソフトのバージョンは7であったが、OSの違いもありスムースに動作しなかった。 バージョン17の最新版を購入し編集すると快適な動作となる。 以前に使用していたソフトと同じであるので使い勝手が良い。 慣れた操作方法であるとストレスが少 ...
続きを読む
2015年1月23日
煙突新設見積書作成等々。 鋼板製煙突の更新に係る見積書作成であるが、クレーン能力表を確認し最適なものを選択し金額を確認する。 70tラフターで算定することにして、馴染みのクレーン会社で値段を聞く。 70tは保有していないとのことで自走可能な最大のラフターを聞いてみると75tラフターというのがあるらしい。 金額的には1日16万円と100tよりも非常にリーズナブルであり、能力表 ...
続きを読む
2015年1月20日
煙突施工図修正、煙突構造計算書作成等々。 電子証明書更新の案内が届いたので過去の資料を確認するため保管してある棚を確認する…と古い避雷針規格が出てきた。 青焼きコピーで表紙に記載されている年代を確認すると昭和27年制定となっている。 JIS番号はJIS A 4201-1952となっており末尾の番号を除き現在のものと変更は無い。 その後のJIS規格も幾つかあるが今回のものが最 ...
続きを読む
26 / 27« 先頭...1020...2324252627

このページのトップに戻る